RECOMMEND様々な使い方

  1. AP貸し会議室
  2. 様々な使い方
  3. 貸し会議室の感染症予防は?どんな取り組みをしているの?

貸し会議室の感染症予防は?どんな取り組みをしているの?

新型コロナウィルスの影響に伴い、個人や企業では感染拡大防止への取り組みが必要な状態です。貸し会議室やレンタルスペースでも、3密を避けソーシャルディスタンスを保ち感染拡大防止に取り組んでいます。今回は、貸し会議室を使用する際に実施したい感染症対策の具体的な方法について詳しく紹介します。


目次

  1. 1.会議室に入る前の主な予防・対策方法
  2. 2.会議室に入室した後の主な予防・対策方法
  3. 3.AP貸し会議室の感染予防対策を紹介点

会議室に入る前の主な予防・対策方法


新型コロナウィルスへの感染は、ウィルスを含む飛沫が口や鼻、目などの粘膜に触れる、ウィルスがついた手指で口や鼻、目の粘膜に触れると起こります。このため、飛沫を吸い込まないようにマスクを着用し距離を確保。手指のウィルスは洗い流すことが大切です。さらに身の回りのものを消毒することで、感染のリスクをより抑えやすくなります。


手洗いについて

ドアノブやエレベーターのボタンなど、不特定多数の方が触れることで、知らない間に自分の手にウィルスが付着している可能性があります。手指についたウィルスは、洗い流すことが重要です。流水による15秒の手洗いで1/100に、石けんを使って10秒もみ洗いして流水で15秒すすぐと1/10,000にウィルスを減らせます。会議室に入る前にしっかりと手を洗いましょう。 手の正しい洗い方は以下の通りです。手洗いの前に爪は短く切っておき、時計や指輪は外すようにしてください。

  •  流水で手をよくぬらした後、石けんをつけて、手のひらをこすります
  •  手の甲をのばすようにこすります
  •  指先・爪の間も入念にこすります
  •  指の間を洗い、親指と手のひらをねじり洗いします
  •  手首も入念に洗います
  •  十分に水で流したら、清潔なタオルやペーパータオルで拭きとり、しっかり乾かします

手洗いができない状況だと、アルコール消毒も有効です。アルコールはウィルスの膜を壊し無毒化します。濃度70%以上95%以下のエタノールをよくすりこみます。外出時はアルコール手指消毒液を携帯することをおすすめします。


AP品川 AP品川


ドアノブの消毒について

ドアノブには市販の塩素系漂白剤の主成分「次亜塩素酸ナトリウム」が有効です。次亜塩素酸の作用によりウィルスを破壊し無毒化します。使用方法は、市販の家庭用漂白剤を、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%になるように薄めて拭きます。その後、水拭きします。 また、一定濃度の次亜塩素酸水も有効です。拭き掃除には有効濃度80ppm以上の次亜塩素酸水をひたひたになるほどぬらして、20秒置いてきれいな布やペーパータオルで拭きとります。 注意点として目に入ったり、皮膚についたりしないように注意してください。また酸性のものと混ぜると塩素ガスが発生して危険です。次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは違います。次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めたからといって次亜塩素酸水にはなりません。市販の家庭用洗剤の主成分である「界面活性剤」も一部有効です。アルコールと同様にウィルスの膜を破壊して無毒化します。9種類の界面活性剤が新型コロナウィルスに有効であることがNITE(製品評価技術基盤機構)の検証で確認されており、有効な洗剤についてはNITEのWebサイトで公開されています。


検温について

AP品川 AP品川

なお、会議室によっては感染拡大対策として利用者の検温を行う場合があります。37.5度以上の発熱がある場合、会議室の利用をお断りするケースも少なくありません。感染症拡大対策を徹底する際は、検温の実施を推奨します。


会議室に入室した後の主な予防・対策方法

使用したテーブル・イスの消毒

AP品川

消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウムを希釈した消毒液をペーパータオルに染み込ませて拭き取ります。テーブルは机上を、イスは座面や背もたれ、ひじかけなど手に触れる部分を拭き取るのがポイントです。


マイク、キーボード、マウスなどの消毒

飛沫のつくマイクは、全体を拭きとります。アルコール消毒薬をマイクロファイバーの布に染み込ませて軽く拭いてください。キーボード、マウスを消毒する際は、パソコン本体の電源を切ったうえで拭きましょう。ただし、パソコン機器の多くはアルコールを含む消毒液の使用を前提とした製品設計になっていないため、布で拭く際には注意が必要です。消毒液の中でも、次亜塩素酸ナトリウムやエタノールなどは使用しないほうが良いでしょう。


ケータリングを利用する際は小分けを利用

AP品川 AP品川

感染リスクを抑えるためにケータリングを利用する場合は個人で食べられるお弁当か小分けにされたカップフードにします。感染予防対策に、フタ付きカップやトングを使わないケータリングもありますので、利用するといいでしょう。


十分な換気

AP品川

WHO(世界保健機構)は新型コロナウィルスの空気感染は起こらないものとしていますが、厚生労働省専門家会議では換気の必要性を示しました。換気の不十分な空間では、空気中のウィルス濃度が濃くなることがあり、感染リスクの可能性が指摘されています。換気扇のある部屋なら常時、換気扇を作動させ、換気扇のない部屋は窓を開放させ常に空気を入れ替えるようにしてください。通常のエアコンは空気を循環させるだけで、換気は行っていません。空気清浄機も性能に幅があるため、換気が十分でなかったりします。そのため、エアコンや空気清浄機をONにしておけば大丈夫ではなく、窓開け換気や換気扇が推奨されています。 窓を使った換気の場合、風の流れができるように2方向の窓を1時間に2回以上、数分程度、全開にします。なお、人がいる環境で消毒や除菌効果を謳う商品を空間に噴霧して使用するのは、目や皮膚への吸着により健康に影響を受ける恐れがあります。周りをみて使用するようにしてください。
参考:
健栄製薬 | 新型コロナウィルスとアルコール手指消毒液
COVID-19制御における「換気」 | 日本医師会 COVID-19有識者会議
新型コロナウィルスに有効な界面活性剤が含まれている製品リスト | ナイト | 製品評価技術基盤機構
パソコンの清掃・消毒に関するご案内 : NEWS: ビジネスPC | NEC

AP貸し会議室の感染予防対策を紹介

AP品川

AP貸し会議室ではご来場の際に、マスク着用をお願いし、感染予防対策を徹底しています。

消毒・清掃を強化

AP品川

会場のドアノブやテーブル、マイクなどの設備・備品・機材の定期的な消毒を実施。さらに消毒用アルコールを設置し、会場扉の開放など定期的な換気も行っています。換気についてはビル管理法で定める空気環境基準を満たしていることを確認しており、施設によりますが窓の開放も可能です。


スタッフの体調管理を徹底

出勤前の検温を実施し、スタッフの健康管理に気をつけています。勤務中はマスク着用を徹底し、定期的な手洗い・うがい・殺菌を行っています。


飛沫ガードパネル / サーマルカメラ / 非接触型体温計など用意

AP品川

受付に飛沫ガードパネルを設置しており、主催者への貸し出しも可能です。サーマルカメラや非接触型体温計を用意していますので、来場者の入室時に活用していただけます。一定値以上の発熱がみられる方は、自粛をお願いしています。


ソーシャルディスタンスレイアウトを用意

AP品川

AP品川 AP新橋

実際に距離を計測し、ソーシャルディスタンスを保ちながらコミュニケーションが取りやすいレイアウトに取り組んでいます。受付でも来場者の間隔を確保するようお願いしています。


Zoomなどとの連携利用可能・実績多数

AP品川

AP貸し会議室では、Zoom、Google Meet、YouTube Liveとの連携利用の実績があります。施設専有回線によりインターネット通信が安定しており、接続に必要なマイクやカメラなどの機材も揃っています。メイン会場・サテライト会場と分散させてスクリーンの映像とマイク音声の連動も可能です。スタッフが常駐していますので、配信当日の困りごとについてもサポートします。


オンラインで会場見学が可能

AP品川

現地に行かなくても、公式ホームページから360度パノラマビューによる施設見学が可能です。また、オンラインで会場を確認したいという要望に対しても、ZoomやGoogle Meetなどで接続して、ご希望の場所を映し出して説明します。


今回は、貸し会議室における新型コロナウィルスの感染予防対策の方法について詳しく紹介しました。弊社で実施している新型コロナウィルスの感染予防対策について、より詳しい情報は
新型コロナウィルスに関する取り組み - AP貸し会議室のページをご参照ください。


■WEB会議やセミナー・LIVE配信など オンラインイベントのことがすべてわかる特設サイト AP OnLine■

   >>高速かつ確実な配信・WEB会議やオンライン会議ならAP OnLine


■関連記事■

 >>貸し会議室でソーシャルディスタンスを守るレイアウトとは?

関東エリア

関西・東海エリア

その他の条件で検索する