ABOUTミーティングスペースAPとは

  1. AP貸し会議室
  2. ミーティングスペースAPとは

「何から始めたらいいんだろう?」
最初の疑問から“私たちとの
繋がり”がはじまります。

「AP」の二文字に込めた想いは、
すべてのお客様(All People)のあらゆるご要望(All Purpose)にお応えすることです。
「まだ人数がわからない」「内容もまとまっていない」「開催場所も検討している」...
そんな疑問からでも一度お問合せください。
1962年大阪会館からスタートし会議室運営をはじめて50年以上の歴史があるTCフォーラム。
長年携わってきた我々だから「気がつき」「お手伝いできること」があるかもしれません。
最初のお問い合わせから本番当日、次回のご予約まで、
“大切な日の成功のために”我々はお客様のそばでお手伝いをいたします。

「ミーティングスペースAPだから
できること」
お客様のそばにいる
会場常駐の我々だからできること。
スタッフ全員で本番ギリギリまで
精一杯成功のお手伝いをいたします。

「資料プリントできる?」「パソコンのケーブルある?」「受付用意した?」
本番直前の会議室の中の日常会話。
直前の急な変更による不安も、お問合せからはじまり打ち合わせを重ね、
当日会場に常駐する我々だからこそお客様のそばで気がつき本番ギリギリまで
全力でサポートいたします。

「また次回もよろしく」と
お声がけいただく言葉が、
会場コーディネーターの喜びです。

一年後のご予約も可能です。催事終了後、是非次回のご予約もご相談ください。
一度ご利用いただいた施設に関する情報は記録として大切に保管しております。
次回の進行はよりスムーズにおこなうことが可能です。

All People All Purpose“全てのお客様”の
“あらゆるご要望”に
お応えするために−

私たちが追求する
[3つのAll Purpose]

人,空間,場所

01

安心人

お問合せから本番終了後。
そして次回のご予約まで。
「専任コーディネーター」が
ご案内。

ミーティングスペースAPでは専任コーディネーターがお問合せから本番終了後までワンストップでお客様のリクエストをサポートいたします。
「会場レイアウトはどうしたらいい?」「会議の資料は事前に届けられる?」「お弁当・お水、コーヒーは頼める?」すべておまかせください。
当日まで専任スタッフがお客様のそばでサポートいたしますのでご安心ください。

02

使いやすい空間

「10名で打ち合わせ」
「300名のセミナー」
「ブース型の採用説明会」
豊富な部屋ですべて実現可能です。

10名様程度の会議から300名様を超える催事まで、AP貸し会議室は豊富なルームバリエーションを誇る施設が多く、さまざまなご提案が可能です。すべてのお部屋は、2時間からと気軽にご利用可能です。また、会議・催事内容に応じて、経験豊富なコンファレンス コーディネーターが最適なレイアウトや効果的な映像・音響機器、必要な備品などきめ細やかにご提案・ご提供いたします。

03

集まりやすい場所

「新幹線が使える駅が良い」
「東京駅に近い方が良い」
「徒歩圏内の駅近が良い。
すべてのご要望にお応えできます。

立地条件は会場選びに非常に重要なポイントです。ミーティングスペースAPではイベントを行う「主催者様とご来場者様が会場に来やすい会場」を目指しターミナル駅となる主要都市を中心に「東京」「横浜」「大阪」「名古屋」とエリア展開をおこなっております。どの施設も近隣に「ホテル」「駐車場」などがありビジネスシーンにマッチした周辺環境となっております。

美しい時代へ東急グループ 株式会社TCフォーラム

東急グループとしての強み

「MEETING SPACE AP」
東急グループの貸し会議室です。

「美しい生活環境」の創造を追求する
東急グループならではの
上質で洗練された
ホスピタリティの提供を目指しております。

「またあの人にお願いしたい」
お客様からご指名される一人一人のコーディネーターの存在が
“ミーティングスペースAPらしさ”

1962年大阪会館からスタートし会議室運営をはじめて
現在まで50年以上の歴史があるTCフォーラム。
多様化する貸し会議室の業界の中で我々が目指すべき方向性「できること」は
一人一人のコーディネーターがこれまで培った知見を活かし、
お客様と正面で向き合い、イベントの最初から最後までサポートすること。
会議室は人が集まる環境であるからこそ、
「人と人の繋がりの中に真の成功がある」と信じております。
私はTCフォーラム代表就任以来、
この代えの利かない人材に対するサポートと組織の強化に努めてきました。
従業員一人一人がより情熱を持って打ち込めるように、
そして一人一人のノウハウが全体の知見としてネットワークされるように。
その結果が施設の拡充に繋がり、
すべてのお客様「All People」へ真の「All Purpose」を実現するものと
信じております。

株式会社TCフォーラム 取締役社長

飯野 樹生