コラム

COLUMN
対面形式のレイアウト

対面形式とは、長テーブルを対面で合わせて、双方の参加者が横並びで座るレイアウトのことです。主に、会議や商談などで用いられています。ここでは、対面形式のレイアウトについて、詳しく説明いたします。

対面形式のレイアウトとは

対面形式は、長テーブルを対面で合わせて、参加者が横並びで座るレイアウトです。飲食店のテーブル席を思い浮かべていただくとわかりやすいでしょう。主に、会議や商談などのビジネスシーンで採用されております。ちなみに、対面形式が活用されているのは、ビジネスシーンだけではありません。お見合いや結婚のあいさつなど、かしこまったシーンでも用いられています。横列には同じ会社の社員や、同じチーム、家族のようなメンバーが座るのが一般的です。

対面形式はアクティブな意見交換が可能

対面形式では、テーブルを挟んで向かい合って座ります。横一線のレイアウトが対等な関係で、発言しやすくなるような印象を受けます。そのため、活発な意見交換が可能となることでしょう。また、間にテーブルを挟んでいることで、適度な距離感を保つことができ、適度な緊張感が生まれることも、対面形式のメリットです。こうした対面形式の特徴が、会議や商談といったビジネスシーンで、最良の成果を発揮しているのです。

対面形式は少人数向けのレイアウト

対面形式のレイアウトで重要となるのが人数です。人数が増えるほど、両端に座っている人の顔が見えづらくなります。テーブルの端同士の人が、自然な体勢で会話を交わすのは極めて困難になります。さらに、参加人数が多すぎると、端に座っている人の声が聞き取りづらくなることもあります。対面形式は、比較的少人数向けのレイアウトです。対面形式のレイアウトは、8人以下の場合に採用するのがよいでしょう。しかし、少人数であってもディスカッション主体の会議をする場合には、対面形式のレイアウトは不向きです。こういった場合は、「島型形式」を用いると、スムーズな会議進行が実現できるでしょう。


イメージ図
AP貸し会議室は各種クレジットカードでお支払いただけます。
AP貸し会議室はすべての施設にAEDを設置しております