無駄な会議の特徴と改善方法 - AP貸し会議室

コラム

COLUMN
無駄な会議の特徴と改善方法

会議に出席しても結論が出ないまま終了してしまっては、時間が無駄になってしまいます。それどころか、「会議をやる意味があったのか」と疑問を抱くこともあるかもしれません。そういったことを防ぐためにも、ここで紹介している無駄な会議の特徴と改善方法をおさえておきましょう。

目的が明確にされていない会議

会議を行うにあたり、明確な目的を設定することは非常に重要です。はっきりとした目的がないまま会議を進めてしまうと、グダグダとした雰囲気が続いてしまいます。そして、最終的な着地点を見出せないまま会議を終えることにつながりかねません。

会議の改善方法

まず、会議の内容に合わせたテーマを決めます。たとえば、定期的に集まって業務の確認をするものは「定例会議」。業務の進捗状況や決済報告などが主体であれば「報告会議」。このようにメインとなるものを軸に定めましょう。また、主体となるテーマがない場合は、会議自体を行わないといった決断も重要です。報告や共有する内容が少ない場合は、メールや社内のコミュニケーションツールを使用することで、無駄な時間が減り、業務の効率化にもつながります。

発言をしない人、発言させない人がいる会議

会議に出ても、発言力や影響力のある人の意見ばかりが採用されてしまうと感じている人は多いでしょう。役職者や司会者など、発言力のある人が一方的に話すような会議では、実りある意見交換は望めません。


イメージ図
AP貸し会議室は各種クレジットカードでお支払いただけます。
AP貸し会議室はすべての施設にAEDを設置しております