コラム

COLUMN
貸し会議室で映像上映会を行う

会議や商談など、さまざまなビジネスシーンで活用されている貸し会議室。現在では、映像上映会の会場などのプライベートシーンでも広く利用されるようになりました。ここでは、貸し会議室で映像上映会を行うメリットや注意点についてご紹介いたします。

貸し会議室で映像上映会を楽しむ

「映画やドラマを映画館のような大きなスクリーンで楽しみたい」という希望があったとしても、自宅では設備が整っておらず難しいのが現状でしょう。費用面から考えても大型スクリーンの購入は現実的ではありません。しかし、貸し会議室を利用すればその希望を叶えることができます。

貸し会議室なら映像上映会に必要な機材が揃っている

貸し会議室は、セミナーやプレゼンテーションなど、さまざまな場面で活用されています。そのため、多くの会議室にはプロジェクターやスクリーンなど、映像を投影する機材が一通り揃えられています。スクリーンを使用すれば迫力満点の映像が楽しめるので、まるで映画館にいるような気分になることでしょう。弊社では、DVDデッキやブルーレイデッキなどもご用意しております。また、部屋の天井にはスピーカーを設置しています。パソコンやポータブルオーディオプレイヤーからの音出しにも対応可能です。必要な機材は持ち込みもできますので、ご予約の際にご相談ください。

貸し会議室では映像を鑑賞しながら談笑や食事も楽しめる

映画館では一般的に、上映中の私語や会話、携帯電話の使用などは許可されていません。しかし、貸し会議室であればそのようなことを気にする必要がなく、自由に映像を楽しめます。多くの貸し会議室では、室内外の音が気にならないよう配慮された構造になっています。そのため、映像を見ながら談笑することも可能です。 また、多くの貸し会議室では、軽食や飲み物などのケータリングサービス会社と提携しています。映像上映会中にお食事を楽しみたいのであれば、こういったサービスを利用するのもおすすめです。弊社では、お得な室料代金込みのパーティープランもご用意しております。お気軽にお申し付けください。

映像上映会は著作権を理解したうえで開催する

個人が映像上映会を行う場合、著作権について理解しておく必要があります。著作権とは、音楽や映像、小説などの著作者に与えられた権利です。万が一、著作者の承諾を得ずに利用した場合、著作権の侵害とみなされ処罰を受けなくてはなりません。個人的に上映会を催す場合は、「非営利であること」、「無料で開催すること」、「いかなる報酬も受けないこと」などを必ず守りましょう。加えて、レンタルした映像の上映は著作権の侵害にあたる恐れがあるため上映してはいけません。映像上映会を行う場合には、そういったルールをしっかり守ったうえで楽しみましょう。

イメージ図
AP貸し会議室は各種クレジットカードでお支払いただけます。
AP貸し会議室はすべての施設にAEDを設置しております