コラム

COLUMN
貸し会議室で採用面接を行う

貸し会議室は企業様の採用面接の会場としても多く利用されています。ここでは、その際のメリットと注意点について詳しく説明いたします。採用面接を行う企業様は参考にしてください。

貸し会議室は、採用面接の会場としても利用されております。「大人数を入れる会議室がない」、「待合室の確保が難しい」という企業様には、貸し会議室がおすすめです。ここでは、採用面接の会場として貸し会議室を利用することのメリットと注意点を説明いたします。

貸し会議室であれば面接規模に合わせられる

貸し会議室を採用面接の会場とする最大のメリットは、面接の規模に合わせて部屋を選べることです。面接シーズンにもなると1日に何十人、何百人と面接をすることもあります。また、面接となれば、時間より早く来る人も多いので待合室が必要になります。社内に広い部屋がない場合、集団面接をする場所や待合室を用意するのは簡単ではありません。貸し会議室であれば、少人数から大人数まで利用できる部屋がありますので、面接の規模に合わせて部屋を選ぶことができます。

貸し会議室であれば面接スタイルに合わせたレイアウトができる

採用面接の会場を貸し会議室にすることで、面接会場とは別に、待合室用の部屋も用意できます。待合室から面接会場までの移動がスムーズにできるのも、貸し会議室ならではといえるでしょう。弊社ではご要望に応じて、部屋のレイアウトを変更することが可能です。例えば、個別面談ブースをご希望の場合、部屋を仕切りで区切って、個別面談用ブースに変えることができます。また、採用面接と筆記試験を同日に行いたいという場合にも、対応しております。

 

貸し会議室を面接会場として利用する際の注意点

貸し会議室で採用面接を行う際、自社とは場所が異なります。面接予定者には、事前に「自社とは別の会場で面接を行う旨」、「面接会場までの交通経路」などを伝えておきましょう。貸し会議室の予約をとる際にも注意が必要です。新卒採用の情報が解禁される6月以降は、どの企業様も採用面接を行います。そのため、直近になるほど、ご希望の日時でお部屋を確保することが難しくなります。ご予定がわかり次第、お早めにご予約いただくことをおすすめいたします。

イメージ図
AP貸し会議室は各種クレジットカードでお支払いただけます。
AP貸し会議室はすべての施設にAEDを設置しております