COLUMN会議のお役立ち情報

  1. AP貸し会議室
  2. 会議のお役立ち情報
  3. 撮影・配信に最適な貸し会議室|ミーティングスペースAP

撮影・配信に最適な貸し会議室|ミーティングスペースAP

動画の撮影や配信を検討している人の中には、「もっと気軽に、撮影や配信をやりたい」「もちろん、ロケーションにもこだわりたい!」と考えている人も多いことでしょう。そんな時は、貸し会議室をレンタルして動画の撮影や配信を行ってみてはいかがでしょうか。

いまでは、動画の撮影や配信が手軽に行えるようになりました。中には、コーポレートサイトや動画共有サービスに撮影した動画を掲載して、企業紹介や商品のプロモーションに利用するケースも少なくありません。企業や個人を問わず、何かを表現する際に動画を用いる手法は一般的になりつつあります。

ですが、企業と個人のどちらにしても「撮影用の機材を取りそろえている」「撮影スタジオを毎回借りて撮影している」というケースは稀です。そのため、動画の撮影や配信を検討している人の中には、「もっと手軽な形で撮影を行いたい!」「LIVE配信によるセミナー(ウェビナー)を開催したい!」と考えている人も多いことでしょう。そんな時は、貸し会議室をレンタルして動画の撮影や配信を行ってみてはいかがでしょうか。

今回は、撮影や配信におすすめの「貸し会議室」について、選び方やメリットなどを詳しく解説します。当コンテンツを参考にし、撮影や配信に最適な貸し会議室を検討してみてください。

動画撮影・配信に最適な貸し会議室は?

以下は、AP貸し会議室が誇る「動画撮影・配信におすすめの貸し会議室」です。会議室の広さや料金といった基本情報以外に、会議室のレイアウトや窓の有無など、より詳しい情報を知りたい方であれば「詳細はこちら」を選択してください。

  • 会議室A+B

    最高のロケーション
    ライブ配信に最高の環境です。

    会議室の広さ:335㎡

    最大収容人数:250名

    基本料金/1H:¥66,000

    「日本橋駅」より徒歩2分
    「東京駅」より徒歩5分

  • 会議室L

    手軽な料金設定が魅力!
    スタジオ撮影の控室にぴったり

    会議室の広さ:34㎡

    最大収容人数:24名

    基本料金/1H:¥8,000

    JR「新橋駅」
    銀座口から徒歩1分

  • 会議室G

    地下なので、外光に左右されません
    じっくり、商品撮影に

    会議室の広さ:60㎡

    最大収容人数:54名

    基本料金/1H:¥12,000

    JR「浜松町駅」
    北出口より徒歩約7分

  • 会議室L+M

    新宿徒歩6分!
    アクセス性抜群の会議室!

    会議室の広さ:106㎡

    最大収容人数:108名

    基本料金/1H:¥17,000

    JR「新宿駅」
    中央西口から徒歩6分

  • 会議室A

    彩光溢れる会議室!
    インタビュー撮影にもおすすめの空間

    会議室の広さ:84㎡

    最大収容人数:64名

    基本料金/1H:¥17,000

    JR「渋谷駅」
    ハチ公改札口より徒歩1分

  • 会議室B+C

    高速光ネット回線完備!
    eスポーツの大会や配信にも

    会議室の広さ:130㎡

    最大収容人数:110名

    基本料金/1H:¥21,000

    JR「秋葉原駅」
    中央改札口より徒歩5分

  • 会議室E

    バーチャル内覧機能完備!
    オンラインから見学可能です

    会議室の広さ:104㎡

    最大収容人数:91名

    基本料金/1H:¥21,000

    JR「品川駅」
    港南口より徒歩6分

  • 会議室

    手頃な広さを備えた会議室
    控室やスタッフルームにも最適

    会議室の広さ:13㎡

    最大収容人数:6名

    基本料金/1H:¥4,000

    JR「市ヶ谷駅」より徒歩1分

  • 会議室

    窓を解放して自然喚起OK!
    趣味の動画撮影にもおすすめ

    会議室の広さ:45㎡

    最大収容人数:36名

    基本料金/1H:¥8,000

    JR「横浜駅」
    西口より徒歩6分

なお、当コンテンツでは「東京の主要駅周辺」の貸し会議室を中心に紹介しましたが、AP貸し会議室は関西や東海エリアでも貸し会議室を展開しています。「大阪でスタジオ撮影を行いたい!」「名古屋の駅から近い場所でライブ配信を行いたい」という方であれば、以下のページをご参照ください。大阪と名古屋の2つのエリアに分けたうえで、AP貸し会議室が提供する貸し会議室をご確認頂けます。

貸し会議室で撮影・配信を開催できるの?

いまでは、インターネットを通じてWeb会議やオンライン商談を行う機会が増えています。その影響から、貸し会議室でも撮影や配信設備に力を入れるケースが多く、企業で扱う商品撮影からスタジオ撮影、動画撮影やライブ配信に至るまで、あらゆる撮影と配信に対応しているのです。

従来は、大勢の参加を見込んだセミナーや株主総会、eスポーツ大会などを開催するためには「その参加者がきちんと収容できる広いホール」が不可欠でした。ですが、現在では通信ネットワークを通じて配信するという技法を用いることで、広大なホールで行わなくても広くメッセージを伝えることが可能です。

また、かつては撮影スタジオが必要だった「グリーンバックを使った合成撮影」なども、貸し会議室で行えるようになり、手軽な形で映像の加工を行えるようになっています。わかりやすく言えば、「貸し会議室で撮影スタジオと同じことができる時代」になりつつあるのです。映像プロダクションに依頼してスタジオまで足を運んだりせず、駅チカの貸し会議室を利用すれば、インタビューやECサイトなどの撮影を行うことができます。主要駅から数分といった最高のロケーションでの撮影やLIVE配信によるセミナー開催の新しい場として、貸し会議室の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

このほか貸し会議室は、通信局と会議室を直接繋ぐ専用回線を用いていることが多く、他のユーザーの影響を受けにくい回線を実現しています。通信速度と安定性を保ちやすいうえ、カメラやマイクと言った設備が揃っているという理由から、撮影に加えて配信も貸し会議室が最適なのです。一方の一般家庭や企業が使用する共用回線では開催が困難です。他のユーザーの影響を受けやすい共用回線は、通信中に映像や音声が途切れてしまうことも珍しくありません。通信環境が不十分だったばっかりに、「撮影や配信を失敗してしまった」というケースは少なくないのです。

「会議」という名前からはイメージしづらいかもしれませんが、スタジオ撮影からライブ配信に至るまで、何でもスマートに開催できるのが、貸し会議室の魅力と言えるでしょう。以下では、撮影・配信に最適な貸し会議室を選ぶ基準について解説をします。

貸し会議室を選ぶ基準は?

撮影・配信におすすめの貸し会議室は、先の項で紹介した通りですが、実際にスタジオ撮影やライブ配信を検討する場合、何を基準に会議室を選べば良いのでしょうか。以下では、より目的に合った会議室を選びやすくするため、「撮影・配信をする会議室を選ぶ基準」を解説します。より具体的に言えば、撮影・配信をする会議室は以下の4点を基準に選ぶことをおすすめします。

  1. 撮影・配信設備のスペック
  2. 会場の広さ
  3. アクセスのしやすさ
  4. プランの有無

撮影・配信設備の種類やスペック

撮影・配信のために貸し会議室をレンタルする場合は、「どんな設備を揃えているか」「必要なスペックを満たしているか」が最も重要です。貸し会議室の多くは、撮影・配信設備が充実しているのは先に挙げた通りですが、細かい設備やスペックは会議室ごとに大きく異なります。

設備やスペックの基本情報は、貸し会議室のオフィシャルサイトやパンフレットなどに掲載されているため、事前に確認しておくことを推奨します。ちなみに、撮影・配信設備を持ち込んで利用するという手もありますが、会議室によってはセッティングができないケースもあるため、こちらも合わせて確認しておくのが理想です。

部屋の広さ

大勢の参加を見込んだeスポーツのライブ配信やロケ撮影などは、相応の広さを備えた会議室でなければ、配信や撮影を満足に行うことができません。設備のスペックと合わせて、会議室の広さは十分かどうかを確認しておきましょう。「写真や数値だけだと広さのイメージが付かない」という場合であれば、事前に足を運んで貸し会議室の下見をしておくのも良い方法です。貸し会議室は下見や見学を受け付けているケースが多く、体感的に広さを把握しやすくなります。

アクセスのしやすさ

撮影や配信を行う場合は、貸し会議室へのアクセスのしやすさもポイントとなるでしょう。貸し会議室の多くは、アクセスのしやすい駅近に建てられているケースがほとんどですが、足を運びやすい場所のほうが気兼ねなく撮影・配信に臨むことができます。想定する参加者が多い場合は、移動が大変にならないよう、とくにアクセスのしやすい場所のほうが良いでしょう。

ちなみに、スタジオを設けて動画や写真などを撮影する際、ロケーションの準備に大道具などを持ち込む場合は、「搬入口の大きさ」を確認しておきましょう。極端に大きな物だとスタジオに持ち込めないケースもあるため、搬入口の確認と合わせて事前に貸し会議室のスタッフに相談しておくことをおすすめします。

プランやサービスの有無

貸し会議室では、会議室を利用して撮影や配信をしたい人向けに、お得なプランやサービスをリリースしていることがあります。部屋や機材、セッティングサービスなどがセットでレンタルできるので、費用を抑えたうえでお手軽に会議室をレンタルしたい方にぴったりです。とくに、撮影や配信に必要な設備は、ITに精通している方でないと準備や設営が難しいため、「初めて撮影や配信を行う」という人であれば、これらのプランやサービスがとくに重要となるでしょう。

WEB会議やオンライン会議ならAP OnLine

貸し会議室で撮影・配信を開催するメリットは?

スタジオ撮影やオンライン配信ならAP OnLine

AP貸し会議室では、スタジオ撮影プランやウェビナーのようなオンライン配信プランなど、様々なサービスをご用意しています。プランの内容やレンタルできる機材について、詳しくは上記動画をご参照ください。リアルとライブ配信を融合した「スタンダードWEBプラン」について、わかりやすく解説しています。このほか、テレビ撮影のようなセットが魅力の「スタジオ撮影プラン」や、簡単なWeb会議向けのコンパクトWebプランなど、利用者に合わせたプランを揃えています。

貸し会議室で撮影や配信をするメリットは、こういった「プランやサービスが充実していること」と言っても過言ではないでしょう。必要な機材の準備からセッティングをすべてスタッフにお任せできるため、ITやインターネットに関して専門知識がない方でも、楽に撮影や配信の準備を行うことができます。もちろん、設備や備品の後片付けに関してもスタッフが行ってくれるので、撮影や配信が終了した後は、そのまま料金を精算するだけで済みます。

おまけに、貸し会議室は専用の通信回線が利用できる分、映像や音声の途切れといった撮影・配信トラブルに苛まれにくい利点があります。「AP OnLine」のページで紹介した通り、AP貸し会議室は、「ARTERIA光」と「NUROアクセス」の強力なインターネット回線を2つ使用しているのが特徴です。圧倒的な回線スピードと、バックアップ回線を備える絶対的な安心感の中で、ウェビナーやオンライン株主総会を開催することができます。「回線速度を重視したい方」や「配信を絶対に成功させたい方」、「撮影や配信のセッティングをお任せしたい方」であれば、絶対的な安心感とフルサポートが自慢のAP貸し会議室で撮影や配信を行ってみてはいかがでしょうか。

以下では、貸し会議室をレンタルする具体的な方法について解説します。

貸し会議室をレンタルする具体的な方法は?

最後に、「撮影や配信のために貸し会議室を借りたい!」という方に向けて、貸し会議室のレンタル方法を解説しましょう。貸し会議室の予約方法は、会議室を提供する企業によって異なりますが、AP貸し会議室では、お電話やEメール・FAXで相談をした後に、仮予約、正式予約という順序で会議室の予約をする流れです。

会議室の基本的な探し方

how-search.png

「会議室を探す」をクリック
「条件から探す」で利用したいエリア・施設名を選択する
「この条件で検索する」をクリックする

トップページから「会議室を探す」を選択後、「条件から探す」を選ぶと、利用したいエリアと施設名を選択できます。利用できる施設一覧が表示され、部屋の収容人数やレイアウト、利用料金一覧を確認できます。条件を指定後、「この条件で検索する」をクリックすると、条件に合致した会議室が表示されます。事前に条件がある程度決まっている場合は「レイアウト」、「人数」、「面積」などを選択してから検索すると、より希望に合致した貸し会議室を探せます。

なお、路線図から貸し会議室を選ぶことも可能です。関東エリア、関西・東海エリアの主要駅から、アクセスしやすい貸し会議室を検索可能です。路線図を見ながら最寄りの会議室をチェックできます。

予約から利用当日までの流れ

  1. 各施設に電話やEメールで問い合わせる
  2. 仮予約の受付をする
  3. 正式申し込みをする
  4. 詳細の打合せを行う
  5. 予約した会議室を利用する

目的の会議室が見つかった後は、実際に予約を行います。

AP貸し会議室でのご予約は、お電話やEメールでも承っています。お電話・Eメールでのお問い合わせの際、施設側から希望会場の空き状況をご返信致します(※原則1週間。仮予約中の場合キャンセル料は発生しません。また、1年より先の開催は仮予約を受け付けていない場合があります)。

貸し会議室の空き状況をご確認後、部屋を確保したい場合は、1週間の仮予約が可能となっています。各施設の利用規定をご確認の上、郵送やEメール、FAXでお申込みくださいませ(※収容人数分のテーブル・椅子、セッティング費用も使用料に含まれています)。

正式なお申込み後、会場で使用する音響・映像機器、使用備品、飲食準備、レイアウトなどの打合せをします。ご利用の当日は、予約時間の15分前より入室が可能となり、カンファレンスコーディネーターが会場まで案内をします。

以上が、AP貸し会議室を利用するまでの流れとなります。その他、「各施設のお問い合わせ先」や「ご利用料金」、「各種サービス」などについては、以下のページにてご確認ください。またAP貸し会議室では、オンラインの配信や撮影に対して疑問を持っている方に向けて、専用の窓口を設けています。撮影や配信について、ちょっとした疑問や困ったことが生じた場合は、APオンラインの専用ページからご相談くださいませ。

今回は、撮影や配信に最適な貸し会議室を初め、会議室の具体的な選び方や予約方法などを詳しく紹介しました。もちろん撮影や配信以外にも、ちょっとした会議やミーティング、打合せのために貸し会議室を利用することも可能です。このほか、貸し会議室は利用者の目的に合わせたプランやサービスを多数ご用意しています。

繰り返しになりますが、AP貸し会議室は「急に会議室やスペースが必要になった」という方に向けて、前日や当日のご予約も受け付けています。貸し会議室の下見や内覧も承っているため、遠慮なくお申し付けくださいませ。


① 東京 でオススメのミーティングスペースAP 一覧 をご紹介します >> ② 名古屋 でオススメのミーティングスペースAP 一覧 をご紹介します >> ③ 大阪 でオススメのミーティングスペースAP 一覧 をご紹介します >>


AP OnLine ショールーム オープンフェアを開催しています

「決して失敗が許されない」オンライン会議やeスポーツイベントを開催するために〜〜超高速ネットワーク回線を複数完備し、さらに「まさかに備えた」バックアップ回線まで。高速かつ安心のオンラインイベントをご開催ください。常駐のスタッフのサポートもあり、機材・コミュニケーションの両面から安心して開催いただけます。あらかじめショールームで配信機器をじっくり体感・思う存分お試しいただいて、本番をお迎えください。

WEB会議・オンラインセミナー・ウェビナー・eスポーツ・LIVE配信ならAP OnLine〜オンライン面接やオンライン株主総会にも最適

WEB会議やオンライン会議、ウェビナー・eスポーツならAP OnLine〜AP OnLineショールーム オープンフェア、開催。



関東エリア

関西・東海エリア

その他の条件で検索する