COLUMN会議のお役立ち情報

  1. AP貸し会議室
  2. 会議のお役立ち情報
  3. 会議でのファシリテーターの役割とは

会議でのファシリテーターの役割とは

昨今、会議において「ファシリテーター」という役割を取り入れている企業が増えています。ファシリテーターとは一体どのような役割を担うのでしょうか? ここでは、会議におけるファシリテーターの役割や必要性、求められる能力について詳しく解説していきます。

ファシリテーターは会議の進行役

会議で1つの結論が出たとしても、全員がその内容に納得しているとは限りません。結論に満足できなかった人のなかから、会議の決定事項を守らない人が現れてしまう可能性もあります。納得できない人が増えてしまう理由は、会議の目的を「結果を出すこと」に定めてしまうからです。このような目的の会議とは違い、参加者が納得することに重点を置いた会議のことを「合意形成型会議」と呼びます。参加者全員が納得できて、なおかつ会議を効率よく進めるためには、会議の進行役の存在が欠かせません。この進行役が「ファシリテーター」です。ファシリテーターには中立の立場で進行を行うことが求められます。話が脱線したら軌道修正をしたり、時には多くの意見をまとめたりと、議事の内容に沿って会議の進行を管理する役割です。

ファシリテーターの必要性とは

合意形成型会議では、たくさんの意見を引き出すことが大切です。ただし、参加者のなかには立場や価値観が違う人もいるので、相容れない意見があがることもあるでしょう。その結果、話がまとまらず、議論が本筋を外れ、進展がないまま時間ばかりが経過してしまうことも少なくありません。このような場合にファシリテーターがいることで、問題を回避できる可能性が高くなるのです。

ファシリテーターに求められる能力とは

ファシリテーターに必要とされる能力は「意見をまとめる力」です。合意形成型会議では参加者同士で意見を整理し、結論に到達することが理想的です。そのために、ファシリテーターは決して主張することなく、そして偏らないように参加者から意見を聞いていきます。それと同時に、ファシリテーターは進行時間にあわせて、議事通りに会議をまとめなければなりません。そのために意見を調整し、必要に応じてまとめる能力が必要とされています。さらに、ファシリテーターには代弁者としての能力が必要とされるケースもあります。発言者がうまく意見を伝えられない場合、その意見を簡潔にまとめて参加者に伝えることができたら、ファシリテーターとしての能力は高いと言えるでしょう。

会議に関する知識や心構えは整いましたか?
では、早速会議室を探しましょう!

関東エリア

関西・東海エリア

その他の条件で検索する