COLUMN会議のお役立ち情報

  1. AP貸し会議室
  2. 会議のお役立ち情報
  3. 「会議体」と「会議」の違いとは

「会議体」と「会議」の違いとは

「会議体」という言葉をご存知でしょうか? 会議体は通常の会議と意味が混同されることが多く、ビジネスの現場でも間違って使われるケースが少なくありません。ここでは会議体と会議の違いについて詳しく解説していきます。

「会議体」と「会議」の違いは

結論から言うと、会議体というのは「同じ目的で複数回設定される会議の集合体」を指します。1つの目的に対して複数の人が集まって、具体的な意思決定を行うのです。意思決定が行われる会議であっても、1人の意思だけで決まる会議は会議体とは違います。つまり会議体というのは「参加者全体で意思決定を行う会議」だけを指しています。会議の目的に関係がある言葉ではあるものの、会議そのものとは明らかに意味が違うので、注意が必要です。

会議体を進めるポイント

重要事項を決定する会議体は、事前に設計を行う必要があります。まず、会議体は基本的に何度も行われるので、参加者はそれらのすべてに参加できる人を選びましょう。会議のたびに参加者が違うと、話し合いの内容が変わってしまい、思うように会議体を進めることができません。次に、会議体のなかで決定する項目は、本当に必要なものだけに絞りましょう。項目を増やすと、確認・承認・合意という大事なプロセスが不十分になってしまう可能性があります。また、決定しないといけない議題が新しくできた際には、そのための会議体を新しく設計します。この場合は新たな会議体を設計する人を決める必要がありますが、今の会議に集中できるように、設計する人と進行中の会議体に参加する人は分けましょう。

会議体のメリットとは

会議の回数が多いと、「効率が悪い」、「参加してもあまり意味がない」など、有意義とは呼べない会議も増えてしまいます。会議体を設計すると効率よく意思決定が行えるようになり、こうした無駄を減らすことができます。また、事前に誰が意思決定をするのかを決めておくことで、その議題にかかわるプロジェクトのメンバーのスケジュールが調整できるというメリットもあります。

このように、会議体とは参加者全体で意思決定を行うための会議に関する言葉です。普通の会議との違いを把握しておけば、話題に挙がった時や、実際に会議体にかかわることになった時も、慌ててしまうことはないはずです。社会人が覚えておくべき知識の1つとして、きちんと理解しておきましょう。

会議に関する知識や心構えは整いましたか?
では、早速会議室を探しましょう!

関東エリア

関西・東海エリア

その他の条件で検索する