COLUMN会議のお役立ち情報

  1. AP貸し会議室
  2. 会議のお役立ち情報
  3. 「ワールドカフェ」のメリットや実践法

「ワールドカフェ」のメリットや実践法

「ワールドカフェ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? ワールドカフェとは、カフェにいるようなリラックスした雰囲気のなかで参加者がテーマに則した話し合いを発展させていく手法です。ここでは、そんなワールドカフェのメリットや実践法について紹介していきます。

ワールドカフェとは

ワールドカフェは、リラックスした空間で、参加者の組み合わせを変えながら会話を進めていくコミュニケーションの手法です。4~5人単位の小グループで話し合いを続けることにより、参加者全員の主体性と創造性を引き出す効果があります。ワールドカフェでは、雑談交じりの和やかな雰囲気のなかで、参加者同士の自由な意見交換を促し、新たなアイディアや知恵の創出を目指していきます。

この手法は、アニータ・ブラウン氏とデイビッド・アイザック氏によって1995年に開発・提唱されました。2人が知的資本経営にかかわるリーダーを家に招いた際、ゲストが話しやすくなるよう空間演出したことに端を発しています。カフェを思わせるような居心地のよい空間を演出したことにより、会話が進むにつれ、参加者の考え方が共有され、さまざまな知識や洞察が得られました。この体験をきっかけに、両氏は立場を気にすることなく話せる空間で自由なコミュニケーションを行う手法を考案し「ワールドカフェ」と名付けたのです。

ワールドカフェのメリットとは

ワールドカフェのメリットは参加者の見解を広げ、新しい考え方や意見を生み出せることです。ワールドカフェを行う時は、リラックスした雰囲気のなかで、互いの意見を否定しないように進めていきます。これによって自分の意見を否定されない安心感が生まれるため、参加者は自由に意見が出しやすくなるのです。また、少人数ということもあって、大人数の会議とは違い、参加者全員に発言する機会が与えられています。加えて、ワールドカフェの途中で席替えを行うことで、多くの人の意見に触れながら、多くの情報を得ることも可能です。さらに、ワールドカフェはテーマを決めて行うものなので、テーマで会話の方向性を保ちつつ、和やかな雰囲気のなかで自由に議論を進めることができます。このようにして、ワールドカフェでは、参加者が自由に意見を出し合いながら、新たなアイディアや考え方の発見につなげることができるのです。

ワールドカフェの実践法

効果的なワールドカフェを行うには「1つのテーブルでの人数は4・5人」、「テーブルごとに役割やテーマを決めない」などの注意点を守ることが大切です。それではワールドカフェの実践法について、以下に紹介していきます。

・4人1組でテーブルに集まる
ワールドカフェは複数のテーブルを利用します。テーブルごとに原則4人(多くても5人)の参加者が席についています。
リラックスしながら、すべてのテーブルで同じテーマについて話し合いをします。テーブルには模造紙が置いてあり、生まれたアイディアはここに記入します。

・1人を除いて席を移動する
一定の時間(20~30分程度)が経過したら、1人を除いて全員がそれぞれ違うテーブルへと移動します。テーブルにやってきた新しいメンバーは、残っている人の話と模造紙の内容を参考にして、話し合いを再開します。

・情報を参加者で共有する
最後は参加者全員で情報を共有し、どのテーブルでも同じだった意見を掘り下げるなどして、話し合いの仕上げを行います。

ここでは、ワールドカフェのメリットや実践法について解説しました。ワールドカフェの手法を取り入れることによって仕事の効率化に役立ててください。

会議に関する知識や心構えは整いましたか?
では、早速会議室を探しましょう!

関東エリア

関西・東海エリア

その他の条件で検索する