COLUMN会議のお役立ち情報

  1. AP貸し会議室
  2. 会議のお役立ち情報
  3. 会議でありがちな失敗と対処法

会議でありがちな失敗と対処法

ビジネスマンにとって会議に参加する機会は多いでしょう。しかし、会議に不慣れだと失敗してしまうことも少なくありません。失敗例として「緊張して上手に話せなかった」などがあります。ここでは、会議でありがちな失敗と対処法についてご紹介します。

緊張して上手に話せない

会議における失敗として多いのが「緊張して上手に話せなかった」という理由です。家族や友人とは上手に話せても、会議の場になると緊張して上手く話せなくなってしまう人は少なくありません。会議で緊張する原因は、必要以上に自分をよく見せようとしたり、ミスをすることによって自分の評価が下がるのを気にしてしまったりなど、過剰に考え過ぎてしまうためです。それでは、どのようにすれば緊張せずに会議に臨むことができるのでしょうか? 以下で解説していきます。

繰り返し練習をすることが大事

会議で緊張しないためには、練習を繰り返すことが大事です。不安は緊張感を招いてしまいます。その不安を少なくするためには練習しかありません。上手に話せるまで、何度でも声を出して練習しましょう。練習する際には、動画を撮影しておくことをオススメします。撮影した動画を見れば、客観的に自分を見ることができます。改善点も見つかりやすくなるでしょう。

会議当日にできること

練習を繰り返しても会議当日・直前には緊張してしまうかもしれません。そういった場合の対処法を紹介します。

・深呼吸をする
緊張すると呼吸が速くなってしまいます。会議の直前には深呼吸をして、心を落ち着かせましょう。また、緊張すると口や顔が強張ってしまうこともあるでしょう。そんな際には「あ・い・う・え・お」と大きく口を広げることでストレッチができます。

・ガムを噛む
緊張すると口のなかの水分が少なくなります。これによって声が出にくくなってしまうこともあるでしょう。ガムを噛んで水分を発生させましょう。ただし、当然のことながら、会議中にガムなどを噛むことはマナー違反なので、会議室に入るまでにガムを出しておきましょう。

これらの対処法によって緊張を和らげて会議に参加してください。

資料の内容がわかりにくい

緊張以外にも会議で失敗してしまうことはあります。例えば、「資料の内容がわかりにくい」という理由です。プレゼンの成功は、決められた時間内にプランの内容と魅力がどれだけ伝わるかにかかっています。気合いを入れすぎて資料に情報を盛り込みすぎたり、話が長くなったりしてしまう人もいますが、それによって内容がわかりにくくなり、逆効果になるケースがあります。まずは要点を整理して、本当に伝えたい内容を確実に届けることを心がけましょう。

会議に関する知識や心構えは整いましたか?
では、早速会議室を探しましょう!

関東エリア

関西・東海エリア

その他の条件で検索する