メディア掲載情報

MEDIA INFORMATION

「雑誌 NOBETECH(ノビテク)マガジン 2015年12月号」と「WEBサイト NOBETECH(ノビテク)マガジン」にAP貸し会議室が掲載されました。
こちらのページにて掲載された内容を紹介させていただきます。

2015.12コンペンションルームAP貸し会議室が掲載されました。 AP東京丸の内

細やかな配慮と利便性に優れた多目的コンベンションルーム

AP東京丸の内

東京・横浜、大阪、名古屋の3大都市圏に貸し会議室を持つ「AP貸し会議室」。どの貸し会議室も主要ターミナル駅からほど近い距離だが、特に今回取材で訪れた「AP東京丸の内」は日本でも有数のビジネス街である丸の内一丁目に位置し、東京メトロ・都営地下鉄「大手町駅」D6出口直結と利便性もかなり高い。
また「AP貸し会議室」は、IT全盛の現在にウェブ予約は行わず、各会議室の常駐スタッフであるコンファレンスコーディネーターによる丁寧な対応を徹底。
例えば、ウェブ予約では競合他社とのバッティングなどもあり得るが、全施設の予約状況を把握するコンファレンスコーディネーターがそうしたケースにも善処する。ある貸し会議室が満室の場合もネットワークの強みを活かし、近隣の「AP貸し会議室」を紹介するなど、細やかな配慮がなされている。

AP東京丸の内

予約は利用希望日の1年前から受付る。利用時間は2時間以上から、1時間単位で必要な時間を設定できる。「AP東京丸の内」は近年需要が高まる 早朝や夜間の会合などに対応して、7時から22時まで利用可能だ。
受付予約は利用希望日の1年前から予約可能。2時間以上から利用可能で、1時間単位で必要な時間を設定できる。先程紹介した、「AP東京丸の内」は早朝や夜間の会合などの時間にも対応しており、7時から22時まで利用可能だ。
レイアウトやスペース、利用者の用途や目的、人数などに応じて、 コンファレンスコーディネーターが最適なプランを提案する。
「AP東京丸の内」の場合は、全11室18パターンの組み合わせで、 最少8名から最大126名まで、豊富なバリエーションを用意している。
JR「東京駅」近隣の「AP東京八重洲通り」は全15室で最大300名の収容が可能だ。

AP東京丸の内

広い空間で全体会議を行ったあと、グループ毎に分かれ、分科会実施といった利用の仕方も可能だ。レイアウトは事前にCADで図面を作成。
設営だけでなく、片付けも料金不要で受け持ってくれるのが嬉しい。
研修資材を事前に預けることができ、利用終了後に発送を依頼することも可能。
また、設備環境もかなり充実している。「AP東京丸の内」ではとくに、高画質・高輝度のプロジェクターが医療学会などで重宝されている。軽食や飲み物などのリフレッシュメントの手配もできる。利用者の要望によって、いわばオーダーメイドで対応してくれる「AP貸し会議室」。
一度、相談に訪れてみてはいかがだろう。

AP東京丸の内
AP貸し会議室
運営会社 株式会社TCフォーラム
関東施設 東京八重洲通り、丸の内、西新宿、秋葉原、
浜松町、品川、品川アネックス、渋谷道玄坂、
横浜駅西口
関西東海施設 大阪会館、大阪梅田茶屋町、大阪駅前梅田1丁目、淀屋橋、梅田大阪、名古屋.名駅
お問い合わせ TEL.03-5338-0109
http://www.tc-forum.co.jp/

関東エリアのAP会議室はこちらから

  • AP秋葉原
  • AP東京八重洲通り
  • AP西新宿
  • AP渋谷道玄坂
  • AP浜松町
  • AP品川
  • AP品川アネックス
  • AP東京丸の内
  • AP横浜駅西口

関西・東海エリアのAP会議室はこちらから

  • AP大阪梅田茶屋町
  • AP大阪駅前梅田一丁目
  • AP梅田大阪
  • AP大阪淀屋橋
  • 大阪会館
  • AP名古屋駅