シアター形式のレイアウト - AP貸し会議室

コラム

COLUMN
シアター形式のレイアウト

シアター形式とは、正面に向かってイスのみを配置したレイアウトのことです。主に、報告や意見交換などがメインの会議で用いられています。ここでは、シアター形式のレイアウトについて、詳しく説明いたします。

シアター形式のレイアウトとは

シアター形式は、正面の壇上に向かってイスのみを配置したレイアウトです。映画館のレイアウトをイメージするとわかりやすいでしょう。主に、報告や意見交換が主体となっている会議で採用されています。会議のほかにも、入社式やトークイベント、映画上映会などにも適したレイアウトです。

シアター形式は空スペースを有効活用できる

シアター形式の最大のメリットは、多くの参加者を動員できることです。シアター形式ではテーブルを配置しないので、空いたスペースにイスを並べることができます。それにより、多くの参加者を動員できるのです。シアター形式にテーブルを配置したレイアウトと比べると、30~50%も席数を増やすことができます。

シアター形式は参加者とコミュニケーションが図りやすい

シアター形式は、イスのみを並べたレイアウトです。テーブルを配置していないことで、登壇者と参加者の距離が近くなり、お互いにコミュニケーションをとりやすいのもメリットの1つだといえます。そのため、シアター形式は会議や質疑応答があるイベントなど、幅広い用途で使われています。

シアター形式は参加者への配慮を忘れないように

シアター形式では、映画館のイスのように荷物やドリンクを置くスペースはありません。テーブルを配置していないため、メモを取るような会議にはふさわしくないでしょう。シアター形式でメモを必要とする場合は、バインダーや下敷きなどを準備しておくと親切でしょう。また、テーブルとイスの両方を配置するスクール形式と、シアター形式を比較すると、疲れやすいのがシアター形式です。テーブルがないことによる姿勢の変えにくさが要因といえます。疲れやすさは、参加者の集中力が途切れる要因にもなりますので、シアター形式ではこまめに休憩を入れましょう。


イメージ図
AP貸し会議室は各種クレジットカードでお支払いただけます。
AP貸し会議室はすべての施設にAEDを設置しております