コの字形式のレイアウト - AP貸し会議室

コラム

COLUMN
コの字形式のレイアウト

コの字(このじ)形式とは、テーブルやイスをカタカナの「コ」の字のように並べるレイアウトのことです。主に、プレゼンテーションを要する会議や、企画開発会議などで用いられています。ここでは、コの字形式のレイアウトについて詳しく紹介しております。

コの字形式のレイアウトとは

コの字形式とは、カタカナの「コ」の字のように、テーブルやイスを並べるレイアウトのことです。テーブルとイスを漢字の「口(くち)」の字で並べたレイアウトから、一辺をとり払った形を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。中央にスペースができるのが特徴です。コの字形式は、主にプレゼンテーションを要する会議や、企画開発会議などで用いられております。ほかにも、司会進行をしながら、参加者に意見を求めるような会議でも採用されることが多くあります。

全員参加型の会議に適したコの字形式

コの字型式のメリットは、レイアウトそのものにあります。たとえば、テーブルとイスの配置。 隣り合う席が近いことでコミュニケーションが容易です。向かい側に座る参加者と顔を合わせやすい点もメリットでしょう。また、コの字形式はレイアウトの特性から、プレゼンテーションや企画開発会議などで多く採用されています。その理由として、コの字の抜けている一辺の活用のしやすさが挙げられます。コの字形式では、この空きスペースとなっている一辺に、ホワイトボードやプロジェクターを置くことができます。それにより、プレゼンテーション用の資料をスクリーンに映したり、会議中に出た意見をホワイトボードに書き記したりできるのです。

コの字形式はレイアウトを考慮した部屋選びが重要

コの字形式のレイアウトでは、どうしても中央にデッドスペースが生まれてしまいます。加えて、テーブルやイスを設置するためには、広い部屋を用意する必要もあります。そのため、会議でコの字型形式を用いる場合、当日の参加人数の把握は必須項目です。参加人数が確定したうえで、余裕をもってレイアウトできる部屋を予約しましょう。


イメージ図
AP貸し会議室は各種クレジットカードでお支払いただけます。
AP貸し会議室はすべての施設にAEDを設置しております