コラム

COLUMN
貸し会議室で内定式・入社式を行う
03

最近では、内定式・入社式を貸し会議室で行う企業様が増えてきました。ここでは、内定式・入社式を貸し会議室で行う理由やメリットについてご紹介いたします。

内定式・入社式の会場として貸し会議室が選ばれる理由

内定式・入社式には式典の主役となる内定者や新卒者はもちろん、社員を含めて多くの人が参加します。そのため、広い会場が必要です。貸し会議室であれば、人数に合わせた広さの会場を選ぶことができます。このような理由から内定式・入社式の会場として貸し会議室が選ばれているのです。また、社内で式典を行う場合は、普段の業務と同じような雰囲気になってしまいがちです。最近では、内定者や新卒者に特別な気持ちを持って社会人になってほしいという思いから、内定式・入社式を貸し会議室で行う企業様も増加しています。

企業様にとってのメリット

企業様にとって、式典会場として貸し会議室を借りることにはメリットがあります。まず、ホテルの会場よりも、貸し会議室を借りるほうが安価です。近年、経費削減がさけばれているなかで、会場利用料が抑えられるのは大きなメリットでしょう。また、場所が選べることも大きなメリットです。ターミナル駅の近くにある場所を利用すれば、多方面からの参加者にも対応可能です。さらに、人数に合わせて、部屋の規模やレイアウトを決められるのもメリットの1つといえます。

参加者にとってのメリット

参加者にとってもメリットはあります。貸し会議室の多くは駅から近い場所にあるため、タクシーやバスを利用することも少なく、交通費がかさまずに済むのです。また、車の混み具合を予想しなくてよいので、時間が読みやすく、精神的な負担も減ります。

内定式・入社式会場として貸し会議室を利用する際の注意点

内定式・入社式の会場として貸し会議室を利用する場合、早めのご予約がおすすめです。ほかの企業様も同じ日に式典を行うことが予想されます。そのため、ご希望の部屋が確保できないこともあります。日にちが決定次第、ご相談ください。

※内定式・入社式の活用事例はこちらをご参照ください。

イメージ図
AP貸し会議室は各種クレジットカードでお支払いただけます。
AP貸し会議室はすべての施設にAEDを設置しております