コラム

COLUMN
セミナーを開催する場合にかかる費用
04

セミナーを開催する場合、人件費や広告費など、さまざまな費用がかかることを頭に入れておかなければなりません。ここでは、セミナーを開催する際にかかる費用について、詳しく説明いたします。

セミナーの開催にかかる人件費

セミナーを開催する際、運営スタッフを外部に依頼した場合、当日の賃金や交通費などの人件費がかかります。外部から講師を迎え入れた場合は、交通費とは別に、講師に講演料を支払わなければなりません。また、セミナーが長くなるときは、お弁当や飲み物なども用意することになるでしょう。大規模なセミナーで外部スタッフが多くなると、お弁当代だけでも多額の経費がかかることは留意しておく必要があります。

セミナーの開催にかかる会場費

セミナーを開催するには会場が必要ですが、借りるとなると当然費用がかかります。会場費には、プロジェクターや音響装置、テーブルやイスなどのレンタル費用も含みます。会場費を考えるうえで基準となるのが、参加者の人数と会場の定員数です。万が一、会場の定員数と参加人数が合わなかった場合、無駄な費用がかかることになります。会場の定員数を確認し、セミナーの参加人数が確定したうえで、会場を選ぶようにしましょう。

セミナーの開催にかかる広告費

セミナーを開催する場合、参加者を集めるために広告費がかかります。セミナーの規模や目的にもよりますが、それなりの宣伝をしなければ集客は見込めません。宣伝方法は、チラシやDM(ダイレクトメール)、プレスリリース(報道機関に向けた発表)などがあります。例えば、DMを送付する場合、印刷代や郵送料も広告費に含みます。一方、プレスリリースにはいくつか種類があり、ウェブサイトにセミナーの情報を掲載するのが主流です。最近では費用削減のために、無料のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用して集客を促している企業も増えています。

セミナーの開催にかかる費用はほかにも

セミナーを開催する際、上記以外にもさまざまな費用がかかります。セミナーの終了後に懇親会を開く場合は、別途で会場費や飲食費が必要でしょう。セミナー中の様子を撮影するのであれば、撮影・録音費用などがかかります。また、当日になって、印刷代や文具代などの出費があるかもしれません。セミナーを開催するときは、こういった出費があることも考慮しておきましょう。

イメージ図
AP貸し会議室は各種クレジットカードでお支払いただけます。
AP貸し会議室はすべての施設にAEDを設置しております